九州地方釣り場情報

九州地方の釣り場情報を紹介しています。

釣り広場.com

九州地方釣り場情報

都道府県別釣り場紹介

福岡県

 玄界灘・響灘、周防灘、有明海と3方を海に囲まれた福岡県。玄界灘・響灘の沿岸部は水質が良く魚影も濃いため数多くの人気釣り場があり、玄界灘・響灘と周防灘を繋ぐ関門海峡は潮通しが良く好釣り場も多い。周防灘の沿岸部は水深の浅いエリアであるため、苅田港などの大きく埋め立てられた港湾部が人気の釣り場だ。

・福岡県釣り場マップへ

大分県

 北は広大な干潟が広がる豊前海、国東半島から別府湾にかけては好漁場として知られる伊予灘、南は複雑なリアス式海岸であり暖かい太平洋と冷たい瀬戸内海のぶつかる豊後水道に面する大分県の海。国東半島ではアジ・サバ・サヨリ・キス・カレイ・メバル・チヌ・アオリイカなどを釣ることができ、別府市や大分市などの別府湾沿岸部ではブリなどの大型青物が釣れることもある。そして豊後水道ではクロやアオリイカの魚影も非常に濃い。

・大分県釣り場マップへ

佐賀県

 玄界灘に面した佐賀県の北部では、アオリイカやササイカなどのイカ類を始め、マダイやヒラマサなどの大物も釣ることができるため、県内外から釣り人が訪れる人気のエリアとなっている。その反面、近年は釣り人のマナーが問題になっているので、将来に渡り釣りを楽しむためにも、必ずマナーを守り釣りを楽しんで欲しい。また佐賀県の南部、有明海ではムツゴロウやワラスボなどの固有種が生息し、最大60cmにもなるハゼクチや、有明ターポンとも呼ばれるヒラなど、この地域独特の釣りものが楽しめる。

・佐賀県釣り場マップへ

宮崎県

 県央のサーフで釣れるオオニベが全国的にも有名な宮崎県。オオニベの釣れる冬には最大150cm30kgにもなる大物を求めて、県内外から多くの釣り人が訪れる。もちろんオオニベ以外にも宮崎県に広がる広大なサーフでは、キス・ヒラメ・マゴチなどを釣ることができるし、日向岬や日南海岸などには好地磯も多く、磯釣りも盛んに行われている。

・宮崎県釣り場マップへ